寝る前に必ずする

毎日欠かさずおこなうことで健康が保たれる歯ですが、実は歯だけ健康であればいいのではなく綺麗な歯茎、つまり土台がしっかりしていなければ意味がないのです。
歯茎を健康に保つには血流を良くしてピンク色に締まった状態を維持するのですが、ここで大切なのが自宅でのオーラルケアです。
しかし一体どのように磨けば正しい歯磨きと言えるのでしょうか。
どんなことでもわからないことがあるときは専門家に聞くのが一番です。
虫歯の症状がなくても日常のオーラルケアがうまくできているか確認してもらうために定期的に歯科で見てもらいましょう。
自分では見えなかった場所にある歯石なども取ってもらえて正しい歯磨きのやり方も教えてもらえて一石二鳥です。

歯科で正しいオーラルケアを学んだあとはいよいよ実践です。
毎食後に磨くというのはほとんどの人が知っていることですが注意点がひとつあります。
それはなるべく食後30分後に磨くのがより歯のためには良いということです。
食べ物の酸などが歯の表面を刺激しているため食事直後は安定しないのが理由で、ある程度時間が経って磨くと汚れだけが取れるのです。
その後は磨き残しが無いように奥歯の端、表側から1本ずつ丁寧に磨いていきます。
ここでは歯を磨くというより歯茎をマッサージするように歯と歯茎の間に歯ブラシを優しく押し当てて細かく動かします。
これで目に見えない部分の歯垢が取れて歯茎の血流も改善します。
歯科で教えられた細かい注意事項を守って、毎日正しいオーラルケアを実施しましょう。